検索
  • One Candle

児童買春のこと


日本の人々がどれだけ買い手になっているのかご存知でしょうか? 会社の旅行と称した買春ツアーがどれだけ行われているかご存知でしょうか? インターネット上で、ペドフィリア(幼児愛者・異常な性欲の一つ)たちが、 どれだけすごい情報網を持っていて、情報交換をしているか考えたことなんてありますか? あなたの身近な人が知らないうちに加害者になっている可能性が 大いにあることをご存知でしょうか? 逆に、あなたの身近な人が被害者になっていることだってあり得ます。 以前ベトナムに行っていた人から聞いた話です。 「ベトナムすっごく楽しかったよー。国が売春を推奨してて、 女の子なんて300人ぐらいから選び放題なんだから!」 こんなことを平気で口にできる大人が存在するなんて、信じられない瞬間でした。 確かに、自ら体を売ることを決めて従事している子だっています。 それはその人の決めた生き方なのかもしれません。 だけど、その中には、自分の意志に反して従事している子がたくさんいるのです。 いかなる理由であれ、18歳未満の子を買えば、犯罪です。 これは世界基準で定められていることなのです。 どれだけの大人が世界で罪を犯しているのか、考えてみるだけで恐ろしくなります。 いつか将来買春がなくなる日がきますように。 ・・・なんて甘いことは言えません。 この地球上の仕組みが一度リセットされて、人間に男と女という種類がなくなったら それは可能なのかもしれませんが、実際そんなことないでしょう。 だけど、売られる子供たちを減らすことはできるはずです。 学校に行けること、親に仕事があること。 これだけでもクリアできれば、売られる可能性はだいぶ低くなります。 小さなことからいつも世界は変わるのです。


59回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示